短納期モデル 4機種の受注を開始しました

新年度の機器導入に向けて短納期モデルをご用意しました。各モデルともオーダー順に6月1日から順次出荷可能です。
 

DeepLearning専用ワークステーションの決定版 DeepLearningBOX II


DeepLearning BOXⅡ® はCPUにCore Xシリーズ「Cascade Lake」を搭載した日本初のGPUディープラーニングワークステーション「DeepLearning BOX®」の進化版です。
NVIDIA エリートパートナーであるジーデップ・アドバンスが日本版のDevBox®として開発した、DeepLearning BOX® は 深層学習研究において高効率で高いパフォーマンスを発揮できるよう 各種フレームワークを整合性と動作確認がとれた状態でプレインストールしてあります。コアパーツであるGPUは最大4基まで搭載可能で、AI用のNVIDIAソフトウェアスタッグやジョブスケジューラーをパッケージ化し「G-works3.0」として高速ストレージにプレインストールしました。安心して導入いただける深層学習(deeplearning)研究のスピードアッププラットフォームです。
 

Deeplearning BOX/II  短納期モデル基本構成
・CPU Core i9 10980XE 18core/36thread 3.0GHz  選択可能
・GPU NVIDIA RTX A6000 48GB GDDR6 CUDAコア10752 / Tensorコア 336 / RTコア 84 
 変更可能&GPUにより最大2枚まで増設可能
・メモリー 128GB (32GBx4) DDR4-2933 Quad-Channel
・ストレージ SSD 960GB
・ネットワーク Onboard Gigabit Ether
・ケース DeepLearning BOX セパレートキューブ 黒(W344 x L423 x H505mm)
・電源 1500W 高効率高負荷対応100V入力 
・キーボード 日本語 Logicool スタンダードキーボード K120 黒
・マウス Logicool オプティカルマウスM110sBK
・OS なし Ubuntu 20.04 LTS
・開発環境 G-Works3.0 Hybrid / NV-Docker / Singularity / Slurm / コンテナ(tensorflow-2 / pytorch / mxnet)
・1年間センドバック保証
 

Threadripper PRO搭載ワークステーション GWS-TRP/4G


GWS-TRP/4Gに搭載されている AMD Ryzen™ Threadripper™ PROプロセッサーは、7nmプロセス・テクノロジーをベースにしたプロフェッショナル・ワークステーション向けCPUです。第3世代AMD Ryzen Threadripperと同じZen 2コアアーキテクチャーを採用。1ソケットで最大64コア/128スレッドを実現し、優れたパフォーマンスと電力効率を両立。最大128レーンのGen4 PCI-ExpressバスはハイエンドのGPUカードを4枚搭載可能です。メモリはEPYC同様DDR4-3200を搭載し最大2TBまで増設が可能です。さらに8チャンネルで204.8GB/s の広帯域を実現します。PCI-Express規格はサーバー向けプロセッサEPYCと同様に4.0で128レーンまでサポートし、抜群の拡張性を誇ります。GPUは最大で4枚まで搭載可能で、ジーデップ・アドバンスでは最新のAmpereアーキテクチャGPUであるRTX Aシリーズを搭載したモデルをご用意しました。
 

GWS-TRP/4G  短納期モデル基本構成
・CPU AMD Ryzen Threadripper PRO 3955WX もしくは 3975WX
・GPU NVIDIA RTX A6000 48GB GDDR6 CUDAコア10752 / Tensorコア 336 / RTコア 84 
 変更可能&GPUにより最大4枚まで増設可能
・メモリー 128GB (16GBx8) DDR4-3200 Quad-Channel ECC Registerd
・ストレージ 960GB NVMe M.2
・キーボード 日本語 Logicool スタンダードキーボード K120 黒
・マウス Logicool オプティカルマウスM110sBK
・Ubuntu 20.04 LTS もしくは Windows10 Pro for Workstation 64bit 選択可能
・3年間センドバック保証

IceLake Xeon静音ワークステーション GWS-621A


GWS-621Aは第3世代「Xeon Scalable Processor」を2基搭載したミニタワーワークステーションです。トップビンCPUでは1基あたり最大40コア(2CPUで80コア/160スレッド)と60MBのキャッシュを実現し、integer SPECrate2017_int_base や FlotingPoint SPECrate2017_int_base 、LINPACK などベンチマークでは 第2世代Xeon Scalable Processor比で約1.46倍の性能向上を実現しています。7スロットのGen4 PCI-ExpressX16バスを装備しており2スロット占有のハイエンドグラフィックカードも搭載可能。柔軟な構成変更と拡張性を実現できます。
サイドフローCPUファンや185mmの大口径排気ファンが抜群の静粛性を実現しており、高性能と拡張性、そして静粛性を実現した人気モデルです。
 

GWS-621A  短納期モデル基本構成
・Dual Xeon SILVER 4314 Ice Lake-SP 16C/32T 2.4GHz/3.1GHz L3=24MB TDP135W DDR4-2667 選択可能
・GPU NVIDIA RTX A5000 24GB GDDR6 CUDAコア8192 / Tensorコア 256 / RTコア 64 
 変更可能&GPUにより最大4枚まで増設可能
・メモリー 256GB (32GBx8) DDR4-3200 ECC Registerd
・ストレージ SSD 960GB
・ネットワーク Onboard Gigabit Ether
・ケース GWS-621A静音ワークステーションシャーシ(H424 x W193 x D525.3mm)
・電源 1000W 80PLUS PLATINUM高効率高負荷対応100V入力 
・キーボード 日本語 Logicool スタンダードキーボード K120 黒
・マウス Logicool オプティカルマウスM110sBK
・OS なし Ubuntu 20.04 LTS もしくは Windows10 Pro for Workstation 64bit 選択可能
・開発環境 G-Works3.0 Hybrid / NV-Docker / Singularity / Slurm / コンテナ(tensorflow-2 / pytorch / mxnet) 
・3年間センドバック保証
 

IceLake-SPベース4GPUサーバー GSV-SMC4U4G


ジーデップ・アドバンスが国内代理店をしている Super Micro Computer, Inc. の SuperServer SYS-740GP-TNRT をベースにした第三世代 Intel® Xeon® Scalable processors(Ice Lake -SP)搭載GPUサーバです。
第三世代 Intel® Xeon® Scalable processors (Ice Lake -SP)は AVX512に新しいSIMD命令を追加し、ソフトウェアやアルゴリズムの改善により前世代のCascade Lakeから1.5~8倍の性能向上を実現。また、PCI-Express4.0への対応とDDR4 広帯域メモリでシステム全体のパフォーマンス向上も図られています。
CPUはトップビンのXeon Platinum 8380 が2ソケットで80コア/160スレッド、ベースクロック2.3GHz、ターボで3.4GHzとなり、ボトムラインのXeon Silver 4310までの13タイプのラインナップをご用意しました。GPUは最大で4枚まで搭載可能で、ジーデップ・アドバンスでは最新のNVIDIA®AmpereアーキテクチャGPUであるNVIDIA RTX Aシリーズ(NVIDIA A100 / RTX A6000/RTX A5000) とコストパフォーマンスで人気のあるgeforce RTX を搭載したモデルをご用意。OSは Ubuntu18.04、もしくは20.04  を選択搭載が可能です。もちろんDeeplearing開発環境もインストール済みです。
 

GSV-SMC4U4G  短納期モデル基本構成
(旧型番 GSV-4U/4G-A100)
・Dual Xeon SILVER 4314 Ice Lake-SP 16C/32T 2.4GHz/3.1GHz L3=24MB TDP135W DDR4-2667 選択可能
・GPU NVIDIA RTX A6000 48GB GDDR6 CUDAコア10752 / Tensorコア 336 / RTコア 84 
 変更可能&最大4枚まで増設可能
・メモリー 256GB (32GBx8) DDR4-3200 ECC Registerd
・ストレージ SSD 960GB
・ネットワーク Onboard Gigabit Ether
・ケース GSV-4U/4G-A100 ワークステーションケース (W178xH462xD673)
・電源 リダンダント 2200W 80PLUS TITANIUM認証電源
・キーボード 日本語 Logicool スタンダードキーボード K120 黒
・マウス Logicool オプティカルマウスM110sBK
・OS なし Ubuntu 20.04 LTS もしくは Windows10 Pro for Workstation 64bit 選択可能
・開発環境 G-Works3.0 Hybrid / NV-Docker / Singularity / Slurm / コンテナ(tensorflow-2 / pytorch / mxnet) 
・3年間センドバック保証

 

投稿日 : 2022-05-18 12:00:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ストレージ

ノート

アクセラレーター

ネットワーク

静音モデル

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.