GWS-ASR-3G

new
シングルソケットのAMD EPYC搭載ワークステーションモデル。PCI-Express x16バスはGen4を3スロット搭載しており最新の高速広帯域なGPUにも対応しています。マザーボードから最大16SATA ドライブ、または8SATA + 2 NVMeを接続可能で、オプションキットを使えばホットスワップでSATA 2.5”を8個+内蔵ドライブで2.5” 4個、3.5” 4個の合計16個搭載可能な抜群の拡張性を誇ります。NVIDIA GPU や XILINX FPGA を搭載したアクセラレーテッドワークステーションです。
(※カスタマイズメニューに無い構成はお気軽に当社までお問合せ下さい)
  • 64Core
  • 1GPU
  • 3GPU
  • USB3.1
  • NVMe
  • PCI-Express x16
  • Dual 10G
  • Wifi 802.11 a/c
  • M.2 SSD
  • PCIe Gen4
  • DDR4
  • 3200MHz
  • ECC
  • Registered
  • 静音仕様
  • 静音シャーシ
  • 80PLUS認証電源
  • 標準3年保証
モデル
特徴
お問い合わせ

第2世代 AMD EPYC™ 7002シリーズを搭載

第2世代 AMD EPYC™ 7002シリーズを搭載したサーバーは エンタープライズ・アプリケーション、仮想化およびクラウド演算環境、ソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャー、高性能演算、データ分析アプリケーションなど、ほぼ全てのアプリケーションで優れた性能を実現します。 EPYC™プロセッサー・ベースのシステムは、整数、浮動小数点、仮想化、データベース、HPC性能などを測定する業界ベンチマークにおいて優れた性能を発揮しています。
第2世代 AMD EPYC™ 7002シリーズを搭載

Gen4規格のPCI-Expressバスを3スロット装備

従来の2倍の帯域を実現するGen4規格のPCI-Expressバスを3スロット装備しています。広帯域なGPUカードはもちろん、ストレージやネットワークカードなども搭載可能で抜群の拡張性を実現しています。
Gen4規格のPCI-Expressバスを3スロット装備

8チャンネル広帯域メモリ

Leadership Memory Bandwidth 8チャネル DDR4 3200 MHzに対応した広帯域メモリ
CPU 1ソケットあたり8チャネルに対応したEPYCが第二世代「Rome」でさらに拡張し、メモリ―スピードとバンド幅の性能向上を実現。
第一世代「Naples」の帯域、DDR4-2666 340GB/sからDDR4-3200 410GB/sへ20.6%の帯域増、レイテンシも141nsから104nsへと短縮致しました。
広帯域メモリがパフォーマンスのスケーリングに貢献致します。
8チャンネル広帯域メモリ

Samsung製データセンター向け高速 NVMe SSD

高速なNMV Express接続のSamsung製データセンター向けNVMe SSDを標準採用。Samsung 3D V-NAND と、32GB / 秒の帯域幅を提供する PCIe Gen 3.0 x4 ホストインタフェースを備えた最適化された Samsung NVMe コントローラーを使用して、SATA SSD の 4 倍のパフォーマンスを実現します。また、ランダム Read/Write 性能において SAS HDD より 1000 倍速く、2.5 インチ SAS SSD より 3 倍優れています。PM983 は、より低速な SATA SSD と同じ、ギガバイトあたりの低コストを実現します。1 ドルあたり 4 倍の IOPS を提供することで、IT やデータセンター管理者は、サーバーのワークロード利用率を拡大し、コンピューティング環境のコストを削減できます。

Samsung製データセンター向け高速 NVMe SSD

安定度抜群の高効率電源

GWS-ASR-3Gに採用されている電源はクラス最高レベルのDC-DCコンバータを使用した大容量900W高効率ユニットです。負荷率20%/50%/100%でそれぞれ90%/92%/89%という高い変換効率基準をクリアした80PLUS Platinum認証をクリアしています。
サーバーレベルの要求仕様はもちろん、高いTDPを要求する演算用GPUカードも安定した性能を発揮出来る余裕のマージン設計です。
安定度抜群の高効率電源
モデル
特徴
お問い合わせ
TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.