DeepLearning BOX / Alpha

new
DeepLearning BOX®/ Alpha は第二世代AMD EPYCプロセッサを搭載したDeep learningモデルです。一般的にGPUを拡張すると学習のパフォーマンスが大幅に向上しますが、フレームワーク内のホストCPU によって行われる他の処理が、システム全体のパフォーマンスを制限する要因となっていました。つまりフレームワーク内で GPU にデータを受け渡すパイプラインのパフォーマンスを大きく引き上げる必要があり、このためにはCPUからGPUへ処理をオフロードできるマルチコアCPUの搭載が必要でした。
弊社ではこれらの性能要求に対してAMD CPU EPYCの最大64コア/128スレッドのマルチコアCPUによる問題解決をご提案します。さらに本モデルは、これまで通り 最大4枚のGPU搭載に加えて次世代のGPU Ampere世代に向けて より広帯域の PCI-Express Gen4 にも対応しています。メモリも8チャンネル、ストーレージもNVMeを標準搭載しシステム全体の性能向上を図った新製品です。さらにDeepLearning BOX®/ Alpha はECC RegisterdメモリやIPMIも標準採用しており本格運用においても充分な仕様を備えています。
 
実際に「DeepLearningBOX/Alpha」を用いてTensorflowアプリケーションのビルドを行い、その実行に必要な時間の比較を示したグラフです。



大規模アプリケーションの並列ビルドは、ディスク I/O、メモリバンド幅、キャッシュサイズ、整数系演算性能など、多岐にわたる項目の複雑に混じった動作の最終結果が実行時間として現れるため、浮動小数点性能を除く大まかな特徴を捉えるには良い指標となると考えられ、CPUの性能向上によりアプリケーションのビルド時間を短縮させ、大幅な開発時間の短縮と効率化が望めます。

 
  • Linux対応
  • EPYC
  • 64Core
  • USB3.1
  • SerialATA III
  • NVMe
  • PCI-Express x16
  • M.2 SSD
  • DDR4
  • ECC
  • Registered
  • 80+ Platinum
  • CPU水冷
  • 標準1年保証
モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第2世代 AMD EPYC™ 7002シリーズを搭載

第2世代 AMD EPYC™ 7002シリーズを搭載したサーバーは エンタープライズ・アプリケーション、仮想化およびクラウド演算環境、ソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャー、高性能演算、データ分析アプリケーションなど、ほぼ全てのアプリケーションで優れた性能を実現します。 EPYC™プロセッサー・ベースのシステムは、整数、浮動小数点、仮想化、データベース、HPC性能などを測定する業界ベンチマークにおいて優れた性能を発揮しています。
第2世代 AMD EPYC™ 7002シリーズを搭載

ウルトラハイエンドGPUカードを 最大4枚を搭載可能

コアパーツであるGPUは、最大4枚フル帯域で搭載が可能で、さらに電源ユニットには4GPU搭載構成時において、変換効率90%以上となる高効率1600W TITANIUM規格PSUを採用しています。日本製の105℃電解コンデンサのみを搭載した本PSUは、超低 ESR・超低インピーダンスと抜群の耐久性を誇り、日本国内の100V-15A(1500W動作)環境下でも、全てのGPUへ余裕のある電源供給を実現します。
ウルトラハイエンドGPUカードを 最大4枚を搭載可能

安定のTITANIUM規格相当1500W電源

GPUワークステーションのキーパーツは何と言っても電源ユニットです。最大4枚のGPU搭載構成時においても変換効率90%以上となる高効率 TITANIUM規格相当の特注PSUを採用しています。日本製の電解コンデンサを搭載した本PSUは、超低 ESR・超低インピーダンスと抜群の耐久性を誇り、日本国内の100V-15A(1500W動作)環境下でも、全てのGPUへ余裕のある電源供給を実現します。
安定のTITANIUM規格相当1500W電源

8チャンネル広帯域メモリ

Leadership Memory Bandwidth 8チャネル DDR4 3200 MHzに対応した広帯域メモリ
CPU 1ソケットあたり8チャネルに対応したEPYCが第二世代「Rome」でさらに拡張し、メモリ―スピードとバンド幅の性能向上を実現。
第一世代「Naples」の帯域、DDR4-2666 340GB/sからDDR4-3200 410GB/sへ20.6%の帯域増、レイテンシも141nsから104nsへと短縮致しました。
広帯域メモリがパフォーマンスのスケーリングに貢献致します。

※現時点での構成は供給性と安定性の観点からDDR4-2933メモリが搭載されています。

8チャンネル広帯域メモリ

高速m.2 NVMeブートドライブ

高速なPCI-Express3.0(x4)(NMV Express)接続のintel製NVMe SSDをブートドライブに採用。革新的なインテル® QLC テクノロジーが搭載され、TLC ベースの他のSSDと比較して、より大きな容量を提供可能で1 基のドライブで最大2TB の容量を実現します。シーケンシャルRead/Wright 1,800MB/sec、ランダムRead/Wright 220,000IOPS(いずれも2TBモデル)の性能を実現しています。

高速m.2 NVMeブートドライブ
モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ストレージ

ノート

超小型PC

アクセラレーター

その他

静音モデル

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.