TITAN RTX 24GB

campaingn

NVIDIA® TITAN RTX™ は CUDAコア数4,608基、Tensorコア576基、RTコア72基を備えたウルトラハイエンドカードです。

最大の特徴であるTensor コア を備えた Turing™ アーキテクチャはディープラーニングのトレーニングと推論を加速するプロセッサが、毎秒最大 500 兆の Tensor 演算を可能にします。これによりノイズ除去、解像度スケーリング、ビデオのリタイミングなど、AI で強化される機能が劇的に高速化され高性能な新機能を持つアプリケーションの開発が可能です。
また、Turing ベースの GPU は新しいストリーミング マルチプロセッサ (SM) アーキテクチャを備えています。このアーキテクチャは、毎秒 16 兆の整数演算と同時に最大 16 兆の浮動小数点演算の処理が可能です、最大 4,608 個の CUDA コアと NVIDIA の CUDA 10、FleX、PhysX SDK を活用し、科学的ビジュアライゼーション、仮想環境、特殊効果のために、質点力学や流体力学など、複雑なシミュレーションを作ることができます。
新しいGDDR6 GPUメモリは大容量24GBでバス幅は384bit、メモリ帯域幅は672GB/sに達しビッグサイズの学習データの取り扱いも余裕です。

国内正規流通品について-
GDEPアドバンスが扱っているTITAN RTXは全て「国内正規流通品」です。並行輸入品や組込向けのバルク品ではありません。並行輸入品は国内での保証修理が受けらないため修理や交換に時間を要します。またメーカー出荷時から時間が経過しており保証期間が短くなっている場合が多く、販売店が独自で交換保証を付ける等の対応を行っているケースもあります。ご購入の際には安心の「国内正規流通品」をお勧めします。

  • 4068Core
  • 576Tensor
  • GDDR6
  • 24GB
  • 672GB/Sec
  • 単16.3TFlops
  • DL130TFlops
  • 標準3年保証
モデル
お問い合わせ

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ストレージ

ノート

アクセラレーター

静音モデル

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.