UNI-i7ZC

UNI-i7ZCは、第9世代インテルCoreプロセッサ「Coffee Lake Refresh-S」搭載モデルです。
Core i5搭載のベーシックモデルから、Core i9まで選択可能で、拡張スロットもPCI Express 3.0に対応しており、ハイエンドビオカードや高速なIntel Optaneメモリ、Thunderbolt 3、デュアルM.2も搭載可能な、優れた柔軟性を持つミドルレンジモデルです。優れた、冷却性も備えております。用途に合わせてベーシックモデルから電源容量を850W 80PLSU GOLD認証に変更しハイエンドビデオカードを搭載という組み合わせなどフレキシブルにご選択いただけますのでお好みの構成をご選択ください。

  • Linux対応
  • 8 Core
  • HTテクノロジ
  • TurboBoost
  • USB3.0
  • USB3.1
  • SerialATA III
  • PCI-Express x16
  • GigabitEther
  • M.2 SSD
  • DDR4
  • 2666MHz
  • DualCannel
  • ヒートパイプ
  • SAシャーシ
  • 80PLUS認証電源
  • 標準1年保証
モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

最新の第9世代 Coffee Lake Refresh-S 対応

Coffee Lake Refresh-S とはIntel®系CPUのコードネームの一つであり、最新の第9世代 インテル® Core™プロセッサーを指します。
2018年10月に第8世代「Coffee Lake-S」に変わるものとして発表・製品化されました。
Coffee Lake Refresh-S は、コア数を増加させてマルチタスクに最適化されているのが特徴です。

最新の第9世代 Coffee Lake Refresh-S 対応

最大64GBまで搭載可能な広帯域2666MHz DDR4メモリー

メモリはDDR-4規格広帯域 2666MHzモジュールをDual-Cannelで実装しています。マザーボード上には合計4つのメモリスロットを確保しており最大で64GBのメモリ空間を広帯域で実現します。
最大64GBまで搭載可能な広帯域2666MHz DDR4メモリー

更なる性能向上Intel UHD Graphics 630

新しいIntel HD Graphics 630はDirectX12やOpenGL4.5への対応をはじめ、各種ベンチマークテストにおいて、Intel HD Graphics 530比で約14%の性能向上を果たしています。
更なる性能向上Intel UHD Graphics 630

信頼性と性能を必要とするビルダー向けに設計

Z390チップセットではハイサイド/ローサイドのMOSFETとドライバを1つのパッケージにまとめたDr. MOSパワーステージを採用しており、Intelの最新プロセッサが必要とする電力効率を提供します。
従来の電源入力と比較して、ProCoolソケットは厳しい仕様に基づいて構築され、PSUの電源ラインとの接触をより確かなものにします。これによりインピーダンスが低下し、過熱やコネクタの故障を防止することができます。

 

信頼性と性能を必要とするビルダー向けに設計

超高速10Gbit/sのUSB 3.1ポート

USB 3.1 Gen2 ポートを4個、USB 3.1 Gen1 ポートを2個搭載しています。USB 3.1は従来のUSB3.0およびUSB 2.0と互換性を保ちながら、従来のUSB3.0の倍以上1.2Gb/sという高速なデータ転送が可能です。
超高速10Gbit/sのUSB 3.1ポート
モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ストレージ

GPUノート

GPUアクセラレーター

静音モデル

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.