UNI-R7Z/B

new

高性能、高効率の新基準AMD RYZEN™プロセッサを搭載、「ZEN」アーキテクチャが今までにない高性能かつ高効率化を実現します。8コア16スレッドの「Ryzen7」と、6コア12スレッドの「Ryzen5」を選択可能な当モデルは、2つのPCI-Express x16スロットを装備し拡張性も抜群。さらにUNIVではLinuxインストールモデルもご用意しました。デスクサイドでのオフィス利用から、ビデオカードパフォーマンスを必要とするハイエンド用途までマルチにこなせるミドルレンジモデルの登場です。

  • Linux対応
  • Quad Core
  • 6 Core
  • 8 Core
  • USB2.0
  • USB3.0
  • USB3.1
  • SerialATA III
  • PCI-Express x16
  • GigabitEther
  • DDR4
  • 2400MHz
  • ヒートパイプ
  • 80+ SILVER
モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

非常に優れた演算効率

「Zen」コアは次世代の高性能AMDコンピューティング製品をリードする、まったく新しい「クリーン・シート」x86プロセッサーです。Zenは最新の高スループット発想と省エネ設計技術を組み合わせることで、バランスがよく汎用性の高いアーキテクチャーを実現し、デスクトップ、ラップトップ、データセンター、スーパーコンピューター、いずれにおいても最適な利用環境をもたらすAMD最新プロセッサです。
非常に優れた演算効率
拡張性と安定性を両立したマザーボード

拡張性と安定性を両立したマザーボード

AMD X370チップセットマザーボードを採用。堅牢なプラットフォームでオーバークロッカーやヘビー ユーザーのために、2枚のPCIe 3.0グラフィックス カードを装着可能。また、最新のファンコントロール機能である「Fan Xpert 4」は接続したファンの種類やスペックを自動検出し最適なエアフローをケース内に実現し、マシンを安定動作に導きます。

最大64GBまで搭載可能な広帯域2400MHz DDR4メモリー

メモリはDDR-4規格広帯域 2400MHzモジュールをDual-Cannelで実装しています。マザーボード上には合計4つのメモリスロットを確保しており最大で64GBのメモリ空間を広帯域で実現します。

 
最大64GBまで搭載可能な広帯域2400MHz DDR4メモリー

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.