RS815RP+/1x4

3.5インチドライブ×4の取り付けに対応した1Uラックマウント型NASサーバーです。簡単なシステム インストレーションで柔軟なストレージ管理を実現し、クラウドソリューションと連携したデータ管理・バックアップ用途での使用をはじめ、ビジネスでの迅速で効率的なファイル共有にも対応。データ保護の一元化やデータ管理の合理化に最適です。OSはWindows、Linux、Macと主要OSをサポートしています。
また、本製品はLink Aggregationに対応したギガビットイーサネットを4基備えており、Windows環境のRAID 5構成で平均読み取り速度 389MB/s以上、書き込み速度 361MB/s以上を実現します。
  • 標準3年保証
モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

高性能をもたらすクワッドコア CPU

RS815+/RS815RP+ には 2.4 GHz で稼働するクワッドコア CPU が搭載されているため、平均読み取り速度 389.03 MB/秒、書き込み速度 361.33 MB/秒を実現します。1 優れた性能と 6GB(デフォルトは2GB) RAM が備わった RS815+/RS815RP+ は、中小企業にとって重要なタスクを遂行するために欠かせない強力な 1U NAS サーバーです。
高性能をもたらすクワッドコア CPU
フェールオーバーおよび Link Aggregation サポートを備えた 4 つの LAN

フェールオーバーおよび Link Aggregation サポートを備えた 4 つの LAN

ビジネスを確実に持続させるために、RS815+/RS815RP+ にはフェイルオーバーに対応する4個の Gigabit LAN ポートが内蔵されています。たとえ1個のポートでLAN に不具合が生じても安心の冗長性が備わっているため、サービスが中断するリスクを軽減し、コスト的に高くつく中断時間を短縮させることが可能です。 さらに、4個の LAN ポートによる Link Aggregation がありますので、1本のネットワークケーブルやポートの壁をはるかに超える接続速度が実現します。

Windows Active Directory対応した権限設定

Windows Active Directoryとの統合により、ユーザーアカウントを作成しなくても既存のビジネスネットワーク環境に速やかに簡単に設定することが可能になります。
また、ユーザーホーム機能により、システム管理者はユーザーの個人用共有フォルダの作成を最小限の作業で行うことができ、Windows ACL サポートによって、細かなアクセス制御と効率の良い管理者設定を提供、システム管理者はWindows ユーザーインタフェースを使って ファイルやフォルダの権限設定ができるようなり、Windows ACL で設定された権限は、AFP、FTP、File Station、NFS、および WebDAV など、アクセスエントリ全体に適用された権限管理により企業内のセキュリティー維持管理が容易に行えます。
Windows Active Directory対応した権限設定
ネットワークカメラサーバーとしても利用可能

ネットワークカメラサーバーとしても利用可能

最大40台までの監視カメラを一括管理することができ、ネットワークカメラサーバーとしても利用が可能です。専用アプリケーション 「Surveillance Station」からリアルタイム監視や記録データのタイムラインビューを簡単に行うことが可能。また、法的証拠としても使用可能な認証も取得していま す。

Surveillance Stationの詳細はこちら

ブラウザベースの管理ツール「Disk Station Manager(DSM)」

豊富な専用アプリケーションが用意されたブラウザベースの管理ツール「Disk Station Manager(DSM)」に対応。ストレージの管理から、データバックアップ、ファイル共有など多くの用途に対応しています。
また、直感的に操作ができるGUIベースのデスクトップ画面を採用しており、マルチタスクでの操作や各種カスタマイズも可能です。

Disk Station Managerの詳細はこちら

ブラウザベースの管理ツール「Disk Station Manager(DSM)」

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ワークステーションノート

ストレージ

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.