G-Works & Container Hybridパッケージ「G-Works3.0」をリリース

NVIDIA社のエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンスは、軽量かつ直感的で扱いやすいOSネイティブなDeeplearning用バイナリアプリケーションと、より最新技術へのアクセスが容易となるコンテナアプリケーションの併用を可能とするために、Docker / Singularity / Slurmを同時インストールした「G-Works & Container Hybrid パッケージ」の最新版「G-Works3.0」を11月11日から提供開始します。
「G-Works」は、Deep Learningに使用される主要なフレームワークを、各世代のNVIDIA GPUに最適化してビルドしたソフトウェアの集合体です。これらはDocker イメージと違い、コンテナ化されていないOSネイティブなバイナリファイル群として構成されています。ジーデップ・アドバンスのユーザは、継続的にリリースされるG-Worksを、必要に応じてインターネットを通じてダウンロードし、使用することが可能です。

新しいG-Works 3.0はUbuntu 20.04 LTSに対応し、業界標準となっている仮想環境Dockerに加え、AI/HPCアプリケーションに適したSingularity、およびワークロードマネジメント用にSlurmをインストールしました。
また、NVIDIA社が提供するNVIDIA GPU Cloud (NGC)の内容を検索できるngcスクリプトも配置してありますので、コマンドラインから、利用可能なDocker Imageを簡単に探し出すことができ利便性を高めています。

G-Works 3.0における主なコンテナ関連ソフトウェア
Ubuntu 20.04 LTS
CUDA 11.3.1
Docker CE 20.10.10
NVIDIA Container Toolkit 1.4.0
NGC script 2.6.0
Singularity 3.8.4
Slurm 21.08.3

 

G-Works 3.0 for Ubuntu Linux 20.04 LTS

項目

コンポーネントバージョン

説明

GPU Library

CUDA-11.3.1

GPUサポート基本ライブラリ

Ampere GPU対応

 

cuDNN-11.3-v8.2.1

Deep Learning用GPUライブラリ

Tensor-core FP16対応

 

nccl-2.9.9

マルチGPUサポートライブラリ

Compute Capability

6.0, 6.1, 7.0, 7.2, 7.5, 8.0, 8.6

GPU計算機能世代サポート

Python base

Python-3.7.7

Python言語環境

Python modules

numpy-1.19.5

数値演算ライブラリ

 

scipy-1.5.4

科学計算ライブラリ

 

scikit-learn-0.24.2

機械学習用データライブラリ

 

jupyter-lab-3.1.18

iPython Web UI

Deep Learning Framework

tensorflow-2.5.0

Google開発

 

pytorch-1.9.0

Facebook開発

Other Libraries

OpenCV-3.4.14

画像ファイル処理ライブラリ

 

TensorRT-8.0.3.4

NVIDIA Deep Learning用変換ツール


G-Worksは継続的にリリースされ、常に最新のGPU環境に対してOSネィティブな開発環境と、Dockerコンテナベースでの開発環境を提供します。
G-Worksが利用可能なマシンは、ジーデップ・アドバンスから正式にライセンスを受けたマシンのみに制限されます。

※NVIDIA、NVIDIA RTXは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。

投稿日 : 2021-11-12 15:00:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ストレージ

アクセラレーター

ネットワーク

静音モデル

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.