「第6回ACRiウェビナー:高位合成にチャレンジしよう」開催のお知らせ

          


ジーデップ・アドバンスが参画している、アダプティブ コンピューティング研究推進体 (ACRi) は、PGAの活用方法を模索、研究する団体です。より多くの方にFPGAを楽しんでほしいと考えているACRiでは、ウェビナーを通じてFPGAの学び方・楽しみ方や活用事例を紹介していきます。

 

■イベント概要

アダプティブコンピューティング研究推進体(ACRi)は、FPGAの活用方法を模索、研究する団体です。より多くの方にFPGAを楽しんでほしいと考えているACRiでは、ウェビナーを通じてFPGAの学び方・楽しみ方や活用事例を紹介していきます。

 

さて今回は、満を持して「高位合成(HLS)」について取り上げたいと思います。過去5回のACRiウェビナーでは、ロボティクスやAI推論、自動運転など、注目のトピックを取り上げてきましたが、実は高位合成も人気が高く、アンケートを取るたびに常にTop3に入る人気テーマでした。ご存じの通り、高位合成ツールを使う事で C/C++, OpenCL等の高位言語で書いたコードをFPGA上に実装することが出来る訳ですが、単にハードウェア記述言語を習得しなくてもFPGAが扱えるようになる「ツール」という側面だけではなく、以前からRTLベースでFPGA開発を行ってきた技術者の方が開発効率向上や期間短縮のための「開発手法」として高位合成ツールを活用する、という流れも生まれています。

 

一言で「高位合成」とは言ってもかなり奥深い世界ですので、ACRiウェビナーでは複数回に渡ってこのテーマを連載したいと思います。まずは今回は導入編ということで、初めての方にも分かり易い高位合成の可能性や楽しみ方について、FPGAインフォメーション/小山様、ザイリンクス/安藤様のお二方より解説して頂きます。ご期待ください。

ACRiルームの詳細は、こちら

 


■セッション内容の紹介


企業講演1:SW技術者に送る、FPGA入門

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講演者:有限会社FPGAインフォメーション 小山 忠昭 様

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

概要: FPGAを使いたいけど、どこから始めたらいいの?という声を時たま聞きます。FPGAの使い方が多岐に渡り、使い方によって、適切な入門方法が変わってきているからです。2021年現在、どんなFPGAの使い方があるのか、そして、どんな開発方法があるのか、その中でも注目されているC言語設計(高位合成)について、ご紹介いたします。


 

企業講演2:ACRi HLSチャレンジ 高速化テクニック紹介

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講演者:ザイリンクス株式会社 スタッフSAE 安藤 潤 様
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

概要:ACRiルームが提供する新しいコンテンツとして、今年8月より「ACRi HLSチャレンジ」がスタートしました。与えられたお題に対し、より高速なハードウェア回路を目指してパズル感覚で高位合成ツールを学んで頂けるサイトです。既に多くの方が参加(HLSのコードを投稿)してくれていますが、ランキング上位の方のコードを解説しながら、幾つかお奨めの高速化テクニックを紹介します。


 

 

■対象の方

FPGAによる高速化に興味のあるエンジニア、学生(初心者の方、大歓迎です)
ACRiの活動に興味を持ってくれている企業の方、教育機関の方

 

 

■タイムライン

  アジェンダ 時間
1. オープニング 17:30-17:35 (5分)
2. 企業講演1:SWエンジニア向けの高位合成の学び方指南(仮) 17:35-18:20 (講演+Q&A 45分) 
3. 企業講演2 : ACRi HLSチャレンジ 高速化テクニック紹介  18:20-18:55 (講演+Q&A 35分) 
4. クロージング 18:55-19:00 (5分)


 

投稿日 : 2021-10-11 08:30:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ストレージ

アクセラレーター

ネットワーク

静音モデル

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.