「第1回ACRiウェビナー:エッジAIの高速化入門/ACRiルームを使おう」開催のお知らせ



ジーデップ・アドバンスが参画している、アダプティブ コンピューティング研究推進体 (ACRi) は、ウェビナーを通じて FPGA の学び方・楽しみ方や活用事例を紹介していきます。今回のウェビナーでは、ソフトウェア高速化で定評のある株式会社フィックスターズ様から、FPGA を使ったエッジ AI の高速化手法事例をお話し頂きます。また、愛知工業大学の藤枝様から、ACRi が提供している誰でも無料でリモート環境から FPGA を使える ACRi ルームの使い方について事例を交えてご紹介頂きます。

■イベント概要

アダプティブコンピューティング研究推進体(ACRi)は、FPGAの活用方法を模索、研究する団体です。より多くの方にFPGAを楽しんでほしいと考えているACRiでは、ウェビナーを通じてFPGAの学び方・楽しみ方や活用事例を紹介していきます。

今回のウェビナーでは、ソフトウェア高速化で定評のある株式会社フィックスターズ様から、FPGAを使ったエッジAIの高速化手法事例をお話し頂きます。また、愛知工業大学の藤枝様から、ACRiが提供している誰でも無料でリモート環境からFPGAを使えるACRiルームの使い方について、事例を交えてご紹介頂きます。

ACRiルームの詳細は、こちら



■セッション内容の紹介


FPGA 開発入門:FPGA を用いたエッジ AI の高速化手法を学ぶ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講演者:株式会社フィックスターズ シニアエンジニア 森高晃大様

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

概要: 近年、低消費電力や低レイテンシなどを狙って、ディープラーニングの推論に FPGA を利用することが益々注目されるようになってきました。FPGA の効率的な開発手段として HLS を利用するケースが増えており、HLS で性能を出すためのノウハウやテクニックは今後の FPGA 開発において極めて重要になることが予想されます。本ウェビナーでは、ACRi ブログで公開している 「FPGA で始めるエッジディープラーニング」を題材に、FPGA 高速化の原理を学び、そして Naive な HLS 実装の CNN に対してプラグマの追加やコードの修正を行うといった高速化手法について紹介します。
 


招待講演:ACRi ルームの小さな FPGA ボードで何がどこまでできるか

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講演者:愛知工業大学  講師 藤枝直輝様
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

概要: 2020年8月に正式運用がスタートした ACRi ルームでは,Arty という FPGA ボードが100枚稼働しています.このボードはエントリー向けの小さなボードですが,実はこれ1枚でもある程度の規模の回路やシステムを実現できます.本セッションでは,ACRi ルームの Arty ボードを使うための方法を簡単に説明した後,Arty ボードで何ができるのか,どこまでできるのかを,実例を交えながら紹介したいと思います.
 



■対象の方

FPGAに興味のあるエンジニア、学生(初心者の方、大歓迎です)
ACRiの活動に興味を持ってくれている企業の方
リモートでFPGA実習できる環境を授業や研究に使ってみたいと思っている教育機関の方


■スケジュール
  アジェンダ 時間
1. オープニング 16:30-16:35 (5分)
2. FPGA 開発入門:FPGA を用いたエッジ AI の高速化手法を学ぶ  16:35-17:30 (講演45分+Q&A)
3. 招待講演 : ACRi ルームの小さな FPGA ボードで何がどこまでできるか  17:30-18:25 (講演45分+Q&A)
4. クロージング 18:25-18:30 (5分)


 

投稿日 : 2020-11-12 11:45:00

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.