「G-Works & Container Hybridパッケージ」をリリース

NVIDIA社のエリートパートナである株式会社ジーデップ・アドバンスは、軽量かつ直感的で扱いやすいOSネイティブなG-Worksバイナリアプリケーションに加え、より最新技術へのアクセスが容易となるコンテナアプリケーションの併用を可能とするために、Docker / Singularity / Slurmを同時インストールした「G-Works & Container Hybrid パッケージ」をリリースいたします。

これは、従来ジーデップ・アドバンスがDockerモデルという名称で、G-Worksとは別の製品として販売していたモデルのコンセプトを統合し、ユーザの好みに応じて、より使いやすく、簡単に用途の広がるシステムの追及を行ったものです。
OSはUbuntu 18.04 LTSを使用し、業界標準となっているDockerに加え、AI/HPCアプリケーションに適したSingularity、およびワークロードマネジメント用にSlurmをインストールしました。
また、NVIDIA社が提供するNVIDIA GPU Cloud (NGC)の内容を検索できるngcスクリプトも配置してありますので、コマンドラインから、利用可能なDocker Imageを簡単に探し出すことができ利便性を高めています。



Version 2.1における主なコンテナ関連ソフトウェア
Ubuntu 18.04 LTS
CUDA 10.1
Docker CE 19.03.8
NVIDIA Container Toolkit 1.0.5
NGC script
Singularity 3.5.3
Slurm 19.05.6
 

G-Worksは、継続的にリリースされ、最新版から過去にさかのぼってGeneration 1.0まで、ユーザがインターネットからインストールして使用できます。インストールには専用コマンド”gworksctl”を使用します。
ダウンロードが可能なマシンは、ジーデップ・アドバンスから正式にライセンスを受けたマシンのみに制限されます。このことにより、Hybrid版ではOSネイティブなG-Worksと同様に、コンテナベース環境に関しても、継続して最新版へのアクセスが簡単にできるようになります。

G-Works_hybrid
 






























 

 
 





 

OSネイティブな環境で利用可能な「G-Works2.1」の最新状況は以下の通りです。
G-Works 2.1 for Ubuntu Linux 18.04 LTS and 16.04 LTS

 

項目

コンポーネント-バージョン

説明

GPU Library

 

 

CUDA-10.1

GPUサポート基本ライブラリ

Turing GPU対応

cuDNN-10.1-v7.6.5

Deep Learning用GPUライブラリ

Tensor-core FP16対応

nccl-2.6.4

マルチGPUサポートライブラリ

Compute Capability

5.0, 5.2, 6.0, 6.1, 7.0, 7.2, 7.5

GPU計算機能世代サポート

Python base

Python-3.7.7

Python言語環境

Python modules

 

 

 

 

 

numpy-1.18.3

数値演算ライブラリ

scipy-1.4.1

科学計算ライブラリ

jupyter-core-4.6.3

iPython Web UI コア

notebook-1.3.7

iPython Web UI

spyder-4.1.2

iPython IDE

nvidia-dali-0.21.0

NVIDIA画像前処理ライブラリ

Deep Learning Framework

 

 

tensorflow-2.1.0

Google開発

pytorch-1.5.0

Facebook開発

chainer-6.7.0

Preferred Network開発

Other Libraries

OpenCV-3.4.10

画像ファイル処理ライブラリ

 

 

株式会社ジーデップ・アドバンスについて

http//www.gdep.co.jp
株式会社ジーデップ・アドバンスは、「その仕事にアドバンテージを」コンセプトに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやオーバークロックワークステーション、ライブラリやコンパイラ、ソースコード解析から受託開発に至るまで、仕事や研究を加速するための手段を総合的に提供する総合システムインテグレーターであり、NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA Partner Network)」の日本初のエリートパートナ及び、日本初のATP (Advanced  Technology  Partner)として活動しています。

投稿日 : 2020-06-22 10:45:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

ストレージ

ノート

アクセラレーター

その他

静音モデル

TOPへ

Linux対応について

Linux対応について
[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013-2019 univPCcom Allright reserved.